ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年06月26日

退職金の相続税課税


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q、従業員の死亡退職に伴い退職金を支給します。源泉の控除等はいりますか。
A,死亡後3年以内に支給をが確定した退職金についてはみなし相続財産として相続税が課税されますので源泉の控除は不要です。
 退職手当金等
被相続人の死亡により相続人等がその被相続人に支給されるべきであった退職手当金、功労金その他これらに準ずる給与で被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したものの支給を受けた場合においては、その給与の支給を受けた者について、その給与は相続又は遺贈により取得したものとして相続税の課税価格を計算する。
 その取得した退職手当金等のうち次に掲げる価額は、相続税の課税価格に算入しない。
相続人の取得した相続税が課税される退職手当金等については、次の区分に応じ、次の金額に相当する部分。
(A)≦(B) の場合 
(B)
(A)>(B) の場合
(B)×(C)/(A)
(A)すべての相続人が取得した退職手当金等の合計額
(B)500万円×法定相続人の数=非課税限度額
(C)その相続人が取得した退職手当金等



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 相続税・贈与税
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
入江会計事務所