ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年01月10日

小規模企業共済のメリットとは?


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


小規模企業共済のメリットとは?


1.会社の場合は掛金を実質的に損金算入するのと同じ効果がある

会社の場合、経営者の報酬を掛金の分だけ多めに支給することができ、

それは法人税の計算上、給与として損金に算入されます。したがって、

実質的に掛金全額を損金算入するのと同じ効果が得られることになります。


2.経営者・役員個人は掛金について所得税がかからない
掛金は経営者・役員が個人で支払うことになりますが、

そして、所得税の計算上、掛金の全額がその年の所得から控除されます。

つまり、掛金の分には所得税が課税されません。



3.契約者貸付制度が利用できる
小規模企業共済の加入者は契約者貸付が活用できます。

借入限度額は掛金の100%程度です。

これにより、急なまとまった額の出費に対応することができます。

利率は年0.9〜1.5%と低く、また、めんどうな審査等はなく、すぐにお金を受け取ることができます。


4.共済金(退職金)の受取方法は一時金方式と年金方式が選べてどちらも税負担が軽くなる

共済金(退職金)として受け取れるのは、以下の表の通り、「共済金A」「共済金B」「準共済金」「解約手当金」の4種類です。

解約手当金は、240ヶ月以上加入していれば、掛金を支払った月数に応じて、

掛金合計額の100%〜120%の額を受け取ることができます。







br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 09:00 | Comment(0) | 法人税
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
入江会計事務所