ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年01月01日

法定調書とは?


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


法定調書とは


所得税法や相続税法上などに、提出することが定められている資料のことです。

法定調書の提出は義務となっており、提出先は税務署となっています。

簡単にいうと、税務署はお金の支払いがあった場合に、その事実を届出させることで、お金の動きを把握します。

そのときに提出させる資料が法定調書です。

所得税法等で規定されている法定調書は59種類あり、主な法定調書の種類は

給与所得の源泉徴収票、報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書があげられます。

これらの法定調書は、原則として翌年1月31日が提出期限となっています。

つまり、平成29年のいずれかの日に支払いがなされたならば、平成30年1月31日までに税務署に提出しなければなりません。





br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 09:00 | Comment(0) | 法人税
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
入江会計事務所