ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年11月06日

医療費控除


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所



Q医療費控除について選択出来るようになったようですが、どのような制度でしょうか。

A,原則と特例があり、有利選択出来ます。

 (1)原則
 居住者が、各年において自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る医療費を支払った場合において、
その年中に支払ったその医療費の金額(保険金等により補填される部分の金額を除く。)の合計額がその居住者のその年分の課税標準の合計額の5/100相当額(最高10万円)をこえるときは、そのこえる部分の金額(最高200万円)をその居住者のその年分の課税標準から控除する。

(2)特例
 居住者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る特定一般用医薬品等購入費を支払った場合において、
その居住者がその年中に健康の保持増進等一定の取組を行っているときにおける(1)の医療費控除は、その者の選択により、
その年中に支払ったその特定一般用医薬品等購入費の金額(保険金等により補填される部分の金額を除く。)の合計額が1万2千円をこえるときは、そのこえる部分の金額(最高8万8千円)を、その居住者のその年分の課税標準から控除することができる。


 控除出来る金額の足切り額は、

原則の場合には100,000円 (又は課税標準の合計額の5/100)
特例の場合には12,000円


 最高控除額は、

原則の場合は2,000,000円
特例の場合は  88,000円


支払った内容が同じであれば、
支払い金額が多い場合には原則が有利で、
支払い金額が少ない場合には特例が有利なります。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 12:53 | Comment(0) | 所得税
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
入江会計事務所