ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年10月31日

交際費の損金算入


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q

800万円までは交際費として損金算入されることについて教えてください。


2018年度税制改正において、中小企業が支出する交際費等について、800万円までの損金算入を認める措置が2年間延長になりました(2019年度末までとなります)。併せて、交際費等のうち、飲食接待費の50%までを損金算入する措置も延長されました。中小法人については、前者か後者の特例の選択適用となります。

そもそも、企業が支出する交際費は、企業会計上は費用として処理されますが、法人税では、原則として損金算入が認められません。

しかし中小企業では、大企業と比べ新規顧客の開拓や販売促進の手段が限られており、交際費が取引の拡大や事業活動の円滑化を図る手段の一つとなっています。

また、交際費支出は、飲食店での消費や贈答品の購入などで、飲食業や小売業などの需要を喚起するものです。




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 法人税
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
入江会計事務所