ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年10月29日

健診内容を社員によって変えた時


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q

役員が大病を患うと会社の経営に支障が出る事があるため、役員の健康診断は

人間ドックを受診させるつもりです。これは税務上何か問題がありますか。


A

社長など特定の人の健康診断だけ高額なものにすると、

その人に対する給与と見なされて、所得税が発生する可能性があります。

更に役員の場合は定期同額給与という考え方がありますので、

給与とみなされてしまうと、会社の損金になりません。


役員と従業員で区別するのではなく、一定年齢以上の社員を対象に

人間ドックの受診も可能とすれば、福利厚生費として

損金算入が可能になると考えられます。




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 09:00 | Comment(0) | 法人税
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
入江会計事務所