ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年06月25日

クレジット販売の場合の領収書


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q、クレジットカードで決済したお客様に控えと領収書を作成交付しています。印紙の貼付する必要がありますか。

A、クレジットカードによる決済の場合は印紙の貼付は必要ありません。

 第17号の1文書(売上代金に係る金銭又は有価証券の受領書)は、金銭又は有価証券の受領事実を証明する目的で作成されるものです。ご質問のように、クレジット販売の場合には、信用取引により商品を引き渡すものであり、
その際の領収書であっても金銭又は有価証券の受領事実がありませんから、表題が「領収書」となっていても、第17号の1文書には該当しません。
 したがって、この領収書には印紙を添付する必要はありせん。
 なお、クレジットカード利用の場合であっても、その旨を「領収書」に記載しないと、第17号の1文書には該当します。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 印紙税
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
入江会計事務所