ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年04月13日

事業承継税制の改正について(適用間口の拡大)


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q
平成30年の税制改正で
事業承継税制が変わるとのことですが、
どの様に変わるのでしょうか。


A
現行制度では、
納税猶予の対象となる株式には
3分の2の上限が有り、
また、相続税の納税猶予には80%でした。

これにより、後継者は事業承継時に多額の贈与税、
相続税を支払う可能性がありました。

また、税制の対象となるのは、
一人の先代の経営者から一人の後継者へ
贈与・相続される場合のみでした。

改正により株式の上限がなくなり、
納税猶予割合も100%になりました。

さらに、親族外を含む複数の株主から、
代表者である後継者(最大3人)への承継も税制の対象となることで、
多様な事業承継が行えるようになりました。 

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s.jpg



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 相続税・贈与税
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
入江会計事務所