ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年01月11日

国外財産調書について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q
国外財産を取得しました。
調書の提出が必要な場合があると聞きましたが、
どのような場合でしょうか。

A
その年の12月31日に、価額の合計額が5,000万円を超える
国外財産をもつ居住者は、国外財産調書の提出が必要となります。
なお、非永住者は除きます。
調書の提出書類につきましては、国税庁のホームページよりダウンロードが
可能です。

また、提出期限は翌年の3月15日までとなります。

居住者 … 国内に住所がある、又は、現在まで引き続き1年以上居所を有する個人
非永住者 … 居住者のうち、日本国籍がなく、かつ過去10年以内の間に日本国内に
         住所又は居所を有する期間の合計が5年以下である個人



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
入江会計事務所