ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2017年12月30日

固定買取制度を利用した太陽光発電設備の事業の用に供するタイミング


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q
太陽光発電設備を購入して引き渡しを受けました。
つい先日電力会社との連系を終えたのですが、
電力会社が事前点検をするとのことで、
固定買取制度による売電収入が上がるのはしばらく先になるとのことです。

ここで事業の用に供したタイミングとは
度のタイミングに当たるのでしょうか?

A
通常太陽光発電設備が
事業の用に供したタイミングというのは、
電力会社に売電が行えるようになるタイミングになりますので、
連系をした日になると考えます。

ここで、事前点検があり、
固定買取制度による売電収入が未だ計上されない場合でありましても、
連系自体は終わっておりますので、
売電自体は行える状態にあると考えられます。


したがいまして、
事業の用に供したタイミングというのは、
通常の場合と同様に電力会社との連系を行った日であると考えられます。 


cc089329c1bc18cbbae779ac8407438c_s.jpg



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | その他の税
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
入江会計事務所