ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2017年10月11日

課税売上高判定


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q.
去年の9月に個人事業主として開業したのですが
12月の売上は800万円でした。
年間の売上が1,000万円を超えると
2年後に消費税の課税事業者になるため
消費税を納めないといけないと聞きました。

そのため、売上の判断として
1年分に換算した金額なのか
実際の12月までの売上かどちらでしょうか。



A.
個人事業者は売上高の判断は年換算ではなく
12月31日までの実際の売上高で判断します。

しかし、法人につきましては
事業年度が1年未満でも
1年分に換算した金額で判断します。 



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 消費税
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
入江会計事務所