ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2010年08月20日

離婚後の扶養控除について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q 
離婚後、家内が子供を引き取った場合でも
私の扶養控除の対象とすることは可能でしょうか。


以下のいずれの要件も満たしている場合には可能です。

@常に生活費、学資金、療養費等の送金を行っていること。
この場合にはあなたと子供とは「生計を一にしている」と解されます。
この場合、必ずしも同居している必要はありません。

A別れた奥様の扶養控除に入っていないこと。
扶養控除はあなたか別れた奥様のいずれか一方でしか受けられません。

ただし、子供に収入があり独立した生活をしていると認められる
場合には「生計を一にする」に該当しないため、あなたの扶養控除の
対象にはなりません。


【根拠法令】
所得税法第2条第1項34号
所得税基本通達2-47



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年末調整
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
入江会計事務所