ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2008年12月22日

親族等の生命保険料等を支払った場合


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q:親族等が契約者となっている生命保険契約の保険料について、生命保険料控除の対象とすることができますか。

A:控除の対象となる生命保険料は、給与の支払いを受けている人自身が締結した生命保険契約等の保険料又は掛金だけに限らず、給与の支払いを受ける人以外の人が締結したものの保険料又は掛金であっても、給与の支払いを受ける人がその生命保険料を支払ったことが明らかであれば、控除の対象とすることができます。
例えば、妻や子供が契約者となっている生命保険契約等であっても、その妻や子供に所得がなく、給与の支払いを受ける夫がその保険料又は掛金を支払っている場合には、その保険料又は掛金は夫の生命保険料控除の対象となります。ただし、この場合にも、その生命保険契約等の保険金の受取人の全てが給与の支払を受ける人又はその配偶者その他の親族でなければなりません。

(国税庁Q&A)



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年末調整
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
入江会計事務所