ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年06月12日

簡易課税の不適用の選択について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q 弊社は今期から簡易課税を選択している法人です。
 来期設備投資を検討しているので本則課税を選択したいのですが
 可能でしょうか。
(いずれの期間の基準期間の課税売上高は5千万円未満です)

A いいえ、来期も簡易課税となります。
簡易課税の適用を受けた日の属する課税期間の初日から2年を経過する日
の属する課税期間の初日以後でなければ、
簡易課税選択不適用届出書を提出することはできません。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 12:00 | Comment(0) | 消費税

満期保険金の受給について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q:満期保険金を年金で受領する事となりました、所得の計算はどのようになりますか?

A:満期保険金を年金で受領した場合には、雑所得になります
 雑所得の金額は、その年中に受取った年金の額から、その金額に対応する払込保険料又は掛金の額を差し引いた金額です
(国税庁HP NO.1755 生命保険契約に係る満期保険金等を受取ったとき 参照)



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 所得税
入江会計事務所