ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年05月18日

生前贈与加算


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q、非課税の範囲で毎年贈与を受けていました。相続が発生したときの注意点等ありますか。

A,その贈与者が死亡した場合に相続税の課税価格に算入されることがあります。

 相続開始前3年以内に被相続人から贈与があった場合
(1)生前贈与加算
 相続又は遺贈により取得した者が相続開始前3年以内に被相続人からの贈与により財産を取得したことがある場合においては、その者については、その贈与により取得した財産(その取得の日の属する年分の贈与税の課税価格に算入されるものに限り、特定贈与財産及び相続時精算課税適用財産を除く。以下同じ。)の価額を、相続税の課税価格に加算した価額を相続税の課税価額とみなす。
 生前贈与加算の規定により、その贈与により取得した財産の取得につき課された贈与税があるときは、算出相続税額(相続税額の加算までの規定適用後の金額)から次の控除額を控除した金額をもってその納付すべき相続税額とする。

A×C/B

A    その取得の日の属する年分の贈与税額(贈与税の外国税額控除前の税額とし、附帯税を除く。)
B    その年分の贈与税の課税価格に算入された財産の価額の合計額
C    生前贈与加算の規定により相続税の課税価格に加算された金額




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 相続税・贈与税
入江会計事務所