ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年02月22日

母の土地に子が立体駐車場を設置した所得は誰のもの?


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q

母名義の土地に私が立体駐車場を作って、貸し出す予定です。

私が設備の代金を支払い、賃貸管理等も行う予定です。

この場合の駐車場収入は私の不動産所得として申告すべきものですか。


A

不動産収益に対する税金は、その収益の元となる資産の所有者に課税されます。

土地の所有者以外の人が立体駐車場を設置した場合、収益は立体駐車場から

発生すると考えられるので、所得税は土地の所有者ではなく、設置した者に課税されます。

この場合は、ご質問された方の所得として申告する事になります。


一方、簡易的なアスファルトを敷いただけの青空駐車場の場合は、

土地自体が収益を生み出す資産とみなされるので、

土地の所有者に課税される事になります。




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 所得税
入江会計事務所