ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年02月18日

雑損控除について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q:雑損控除はどのような場合に受ける事が出来ますか?

A:災害又は盗難・横領によって、資産について損害を受けた場合に、一定の金額の所得控除を受ける事が出来ます
 納税者もしくは、納税者と生計を一にする配偶者やその他の親族で、その年の総所得金額等が38万円以下の方が資産の所有者
 である事が必要となります
(国税庁HP NO.1110 災害や盗難などで資産に損害を受けたとき 参照)



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | その他

雑損控除について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q:雑損控除はどのような場合に受ける事が出来ますか?

A:災害又は盗難・横領によって、資産について損害を受けた場合に、一定の金額の所得控除を受ける事が出来ます
 納税者もしくは、納税者と生計を一にする配偶者やその他の親族で、その年の総所得金額等が38万円以下の方が資産の所有者
 である事が必要となります
(国税庁HP NO.1110 災害や盗難などで資産に損害を受けたとき 参照)



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | その他

誤って納付した印紙税の還付


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q,契約書や領収証などの印紙税の課税文書に誤って過大に収入印紙を貼り付けた場合に、どのようなケースが印紙税の過誤納金として還付の対象となりますか


A,以下のようなケースが還付の対象となります。

・請負契約書や領収書などの印紙税の課税文書に貼り付けた収入印紙が過大な場合

・委任契約書などの印紙税の課税文書に該当しない文書を印紙税の課税文書と誤認して収入印紙を貼り付けた場合

・印紙税の課税文書の用紙に収入印紙を貼り付けたものの、使用する見込みのなくなった場合




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 印紙税
入江会計事務所