ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年02月01日

民泊で得た宿泊料の確定申告について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q

自宅の一室を民泊で使用しています。この所得は今回の確定申告では

不動産所得として申告するものでしょうか。


A

民泊事業による所得は原則として雑所得となります。

民泊事業は利用者の安全や衛生の管理・一定程度の観光サービスの提供等を行う

役務であり、単純な不動産の貸付ではない事がその根拠です。

雑所得での申告となるため、不動産所得には認められている青色申告特別控除を

適用する事はできません。


但し、不動産賃貸業を営む人が保有不動産の契約期間満了等から

次の賃貸契約までの間、空いている不動産を活用して一時的に民泊事業を行った場合は

不動産所得に含めても構わない、とされています。




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 所得税
入江会計事務所