ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年10月26日

取締役の再任時期が到来しました。どんな手続きが必要ですか?


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


取締役の再任時期が到来しました。どんな手続きが必要ですか?

法務局にて、取締役の重任(再任)登記手続きが必要です。
取締役の任期は2〜10年(監査役は4〜10年)と法定されており、
非公開会社(株式を公開していない会社)の場合は、
その範囲内で自由に任期を定めることができます。

任期を迎え、同一人物が再度就任する場合でも
株主総会での選任決議を経て、
その事実を管轄法務局で登記しなければなりません。
これを役員(取締役・監査役・会計参与等)の重任登記といいます。
同じ人が役員になるのだから特別な手続きは必要ないと
勘違いをされている会社もいらっしゃいますが、
任期が切れているのに何年も登記を忘れていて、
多額の過料(100万円以下)に処せられる事例は、数多くあります。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 09:00 | Comment(0) | 法人税
入江会計事務所