ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年10月23日

簡易課税


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q:固定資産を売却した場合、消費税の簡易課税制度を採用している場合は、事業区分は何種になりますか。

A:事業者が自己において使用していた固定資産の譲渡を行う事業は、第四種事業に該当することになります。




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 消費税

障害者の意義


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q、相続税の障害者について教えてください。

A、障害者の範囲は下記のようになります。
 障害者とは、精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者、失明者その他の精神又は
身体に障害がある者をいい、特別障害者とは、その障害者のうち精神又は身体の重度の障害がある者をいう。

 具体的には次のようになります。

 障害者
身体障害者手帳で3級〜6級など

 特定障害者
中軽度の知的障害者
精神障害者保健福祉手帳に2級又は3級

 特別障害者
重度の知的障害者
精神障害者保険福祉手帳に1級
身体障害者手帳に1級、2級など



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 相続税・贈与税
入江会計事務所