ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年10月20日

従業員の食事代


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q
従業員への食事代は給与所得になりますか?
A
役員や使用人に支給する食事は、
次の二つの要件をどちらも満たしていれば、給与として課税されません。
 (1) 役員や使用人が食事の価額の半分以上を負担していること。
 (2) 次の金額が1か月当たり3,500円(税抜き)以下であること。
    (食事の価額) - (役員や使用人が負担している金額)
この要件を満たしていなければ、食事の価額から役員や
使用人の負担している金額を差し引いた金額が給与として課税されます
しかし、残業時に支給した食事代は通常の範囲内であれば、課税されません。
残業時の業務と残業以外の業務時間では条件が変わりますので注意してください。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 09:00 | Comment(0) | 法人税

未成工事支出金における仕入税額控除について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q:未成工事支出金を計上した場合に、仕入税額控除を受けれるのは、どの時期になりますか?

A;資産の引き渡しを受けた日や、役務の提供が完了した日に仕入税額控除の対象となります
 ただし、未成工事支出金として経理した金額を請負工事による目的物の引渡しをした日の属する課税期間の課税仕入れとすることを継続して
 適用している時は、その処理が認められています
 (国税庁HP NO.6487 未成工事支出金の仕入税額控除の時期 参照)



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 消費税
入江会計事務所