ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年10月11日

Q.退職所得控除額の計算方法


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q.退職所得控除額の計算方法

A 退職所得控除額は、次のように計算します。

勤続年数(=A)    退職所得控除額

20年以下       40万円×A

(80万円に満たない場合には、80万円)

20年超        800万円+70万円×(A−20年)




1 障害者になったことが直接の原因で退職した場合の退職所得控除額は、
上記の方法により計算した額に、100万円を加えた金額となります。

2 前年以前に退職所得を受け取ったことがあるとき
又は同一年中に2か所以上から退職金を受け取るときなどは、控除額の計算が異なることがあります。

(例)1 勤続年数が10年2ヶ月の人の場合

(1) 勤続年数は11年になります。

(端数の2ヶ月は1年に切上げ)

(2) 40万円×(勤続年数)=40万円×11年=440万円

 この場合の、退職所得控除額は440万円になります。

(例)2 勤続年数が30年の人の場合

(1) 勤続年数は30年です。

(2) 800万円+70万円×(勤続年数−20年)=800万円+70万円×10年=1,500万円

 この場合の退職所得控除額は1,500万円になります。








br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 12:22 | Comment(0) | 法人税
入江会計事務所