ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年06月14日

従業員に支給する奨学金や学費について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q

従業員の運転免許の教習所費用を会社が出してあげました。

これは経費として認められますか。


A

通常このような場合は従業員に対する経済的利益があったとして、

その従業員に対する給与となる場合が原則です。

しかし、内容によっては給与として従業員に課税するのではなく、

非課税で払ってあげられる場合もあります。


例えば運転免許でもタクシー会社がタクシー運転手になるために支払う教習所費用などは

非課税で法人の経費とできると考えられます。

これらは下記の所得税基本通達9−15が根拠となっています。

但し適用の際には「職務に直接必要な技術若しくは知識」であるか否かという判定に

非常に注意する必要があります。


【所得税基本通達9-15
使用者が自己の業務遂行上の必要に基づき、役員又は使用人に当該役員又は使用人としての職務に直接必要な技術若しくは知識を習得させ、

又は免許若しくは資格を取得させるための研修会、講習会等の出席費用又は大学等における聴講費用に充てるものとして

支給する金品については、これらの費用として適正なものに限り、課税しなくて差し支えない。




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 09:00 | Comment(0) | 法人税
入江会計事務所