ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年05月07日

通勤手当の非課税について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q

従業員に支払っている通勤手当のうち、非課税で支給できる内容について教えて下さい。


A

通勤手当として支給している金額のうち、限度額までは所得税が非課税として

支給する事ができます。

限度額を超えた部分については、通常の給与に加算して源泉所得税等の計算対象と

なります。


この非課税限度額には諸々ありますが例えば以下の通りとなります。

・電車、バスを利用した場合 月額150,000円まで

・マイカー、自転車を利用した場合で、片道2キロ未満 全額課税対象

・マイカー、自転車を利用した場合で、片道2キロ以上10キロ未満 月額4,200

このように通勤距離によって限度額は変わります。


また、所得税法では上記の距離の算定方法として

「最も経済的かつ合理的な経路及び方法で通勤した場合」という定めがあるので、

自分の通勤経路がそれに該当しているか注意が必要です。

同様の意味合いで新幹線通勤でのグリーン車利用は課税対象とされる可能性が高いと

考えられます。




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 09:00 | Comment(0) | 所得税
入江会計事務所