ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年04月03日

社員割引について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q

アルバイト等従業員に対して自社商品を販売する場合の注意点を教えて下さい。


A

社員に販売する場合、定価の3割引きの値段までで販売する事は問題ありません。

それ以上の割引率としてしまうと会社から社員に対しての「経済的利益」が

あったと見做されて、その差額は給与とされた上で源泉徴収をする対象となります。


これを受けて、大手ハンバーガーチェーンも社員の食事補助として定価の30%を

補助する事になっていると思われます。


また一般の消費者が消費する分量を大きく上回る場合等も給与と見做される可能性が

ありますので、注意が必要です。




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 09:00 | Comment(0) | 法人税
入江会計事務所