ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年02月11日

未成年者の特別代理人について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q 相続の発生にあたり、未成年者2人が相続人となることになりました。
1人が、未成年者2人の特別代理人になることは可能でしょうか。

A いいえ、できません。
特別代理人は、1人につき1人ずつ選任する必要があります。 



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 14:00 | Comment(0) | 相続税・贈与税

財産分与について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q:離婚をし、財産を受け取りました。この場合には贈与税の対象となりますか?

A:離婚により相手方から財産をもらった場合、通常、贈与税がかかることはありません。

 相手方から贈与を受けたものではなく、夫婦の財産関係の清算や離婚後の生活保障のための財産分与請求権に基づき給付を受けたものと考えられるからです。
 ただし、分与された財産の額が婚姻中の夫婦の協力によって得た財産の額やその他すべての事情を考慮してもなお多過ぎる場合、離婚が贈与税や相続税を免れるために行われたと認められる場合には贈与税がかかる可能性がございます

 (国税庁HP NO.4414 離婚して財産をもらったとき 参照)




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 相続税・贈与税
入江会計事務所