ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年01月10日

未成年者が相続放棄を行う場合


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q 相続放棄の手続きですが、未成年者が相続放棄をする場合には
誰が行うのでしょうか。 


A 未成年者が相続放棄を行う場合は、その親権者が代理人となり
手続きを行うこととなります。

しかし、
親権者にも相続する権利があり、かつ、
その親権者が相続放棄をしない場合には、
特別代理人を選定しなければならないので注意が必要です。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 13:00 | Comment(0) | 相続税・贈与税
入江会計事務所