ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2017年10月02日

役員が入院した場合


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q.
会社の役員が病気で入院をされました。
役員報酬を毎月支給していたのですが
入院が長期になるため、減額したいと考えております。

役員は一年間支給額が同額でなければならないと
聞いているので、減額は不可なのでしょうか。


A.
役員は定期同額給与として
毎月同じ額を一年間支給しなければなりません。

ですが、病気で入院したことにより
当初予定されていた職務の執行ができないことから
役員報酬の額を減額することは
臨時改定事由によって認められております。


臨時株主総会を開いて
休職期間中の定期同額給与減額を
決めなければならないので、ご留意ください。 



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 09:00 | Comment(0) | 法人税
入江会計事務所