ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2017年10月01日

繰延資産の分割支払


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q:繰延資産を分割で払っている場合には、会計処理はどのようになりますか?


A:法人が繰延資産となるべき費用の額を分割して支払うこととしている場合には、たとえその総額が確定しているときであっても、その総額を未払金に計上して償却することはできないものなっています。

  分割して支払う期間が短期間(おおむね3年以内)である場合には、この限りではございませんが、繰延資産の支出の度に、資産として計上し、償却を行う事となります

  (国税庁HP 分割払の繰延資産 参照)




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 法人税

貸倒損失


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


Q:金銭債権の貸倒れで、 一定期間取引停止後弁済がない場合等の貸倒れに該当する場合、 全額を損金経理しても税務上損金となりますか。


A:なりません。

債務者に対して有する売掛債権について法人が当該売掛債権の額から備忘価額を控除した残額を貸倒れとして損金経理をしたときは、これを認める。(国税庁より)

つまり、1円以上の備忘価額を付す必要があります。 



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 入江会計事務所 at 00:00 | Comment(0) | 法人税
入江会計事務所